グラスゴーで再会の日々

グラスゴーに来てから早々と一週間が経ってしまいました。本当あっちゅうますぎる!!電車でセントラルステーションについた時は、冷たくて湿った空気、聞こえてくるグラスゴー弁や音、人の感じや景色、匂いなど何もかもが懐かしすぎてうっかり涙が出てきました。帰ってきたー!!という気持ちでいっぱい。やっぱり紛れもない第2の故郷です。封印してあったタイムカプセル的な。あるいは開けてはいけない玉手箱的な。もしくはパンドラの箱のような場所だったグラスゴーに6年だか7年ぶりだか忘れたけど帰ってきました。駅を出て、つい5週間前にグラスゴーでも始まったUberを待ちつつぼやぼやしていると、「どこか場所を探してるのかい?大丈夫?」とすぐさま話しかけてきてくれるスコッツ紳士。あったかいなあ。お天気は相変わらず雨でしかも寒いけど。

Read More

偶然とは必然のことなり

ロンドンには今回4日間いましたが、親友のディミとその一家と毎日会っていました。彼女の家から歩いて15分ちょいのところに家を借りていたので、週末みっちり一緒に過ごした後も、平日の月、火曜も夜ディミが仕事終わって家に帰るころ遊びに行くことになり。そんな月曜日の夜のこと。

Read More

IMG_0973

プラハで自炊:グーラッシュとニョッキ

11月のプラハはまあまあ寒いです。でも、秋や冬の色がよく似合う街。きっと春もいいだろうなあ。観光地でも、だいたいシーズンってものがありますが、プラハは一年中がシーズンとなり得るので年中観光客が絶えないそうです。冬のプラハはきっと氷のように冷たいだろうけど、寒いのが大嫌いな私でも、雪景色のプラハもいつか見てみたいなあと思うステキな街です。 そんな中、スーパーに買い物に行ったうちの両親が1.5キロほどの牛肉の塊を買ってきました。

Read More

IMG_0712

プラハで自炊:豚肉のビール煮

書き残しておきたいネタはいっぱいあるんですが、バスクあたりからもうすでに全然追いついてません。プラハの後里帰り的なイギリスへ約1ヶ月、その後日本へまた一旦戻るので、冬の日本でゆっくり思い出しつつ色々書こうかな、なんて思ってますが。 今いるプラハ、すごくいいところです。街は絵画のように美しいし、長期的にも住みやすそうだし、やることいっぱいあるし、クラシックなものからポップなものまで文化的にもすごく豊か。さらに物価も安いときた。ノマド暮らしの人たちにはもってこいの街です。少なくとも数ヶ月くらいじっくり住んでみたい。長く滞在したいなーと思ったのは、今回はリスボンとプラハです。2つの違いは、リスボンは住める!と思ったけど、プラハは住みたい!

Read More