IMG_20150920_161656

サン・セバスチャンから巡る小さな街:サン・ジャン・ド・リュズ編

サン・ジャン・ド・リュズ(Saint-Jean-de-Luz) ちょっくら道を行くとすぐフランスってすごい。といってもまだバスク国、という考え方をすれば、行政が違うだけという話もある。しかしフランス側のバスクへ行くと、いきなりフランス臭が。スペイン側からは感じる、我々はバスク国!バスク人!という控えめながらも強い思いはさほど伝わってはきませんでした。日曜日のサン・ジャン・ド・リュズ(鼻に抜ける感じでw)に遊びに来ている街の人たちから聞こえるのはフランス語の他にもスペイン語が4割くらいは混じってる。英語もちらほら。ここも紛れもない観光地です。

Read More

IMG_20150920_143032

サン・セバスチャンから巡る小さな街:オンダリビア編

オンダリビア(Hondarribia) 日曜日は右…東方面へ。フランスとの国境沿いにある小さな観光地。私はバスクは初めてなんですが、保安官とママは3回目。なのでこうして、どこへ行けばいいのか知ってるわけで助かります。オンダリビアにも15年位前に来たそうで、その時はお城に泊まったんだとか!それ楽しそう。 で、これもあとで知ったのですが、そのお城とはパラドール・デ・オンダリビアといって、オンダリビアに泊まるなら定番の宿泊施設なんだそうです。

Read More

IMG_20150920_141829

サン・セバスチャンから巡る小さな街:ゲタリア編

保安ママが到着して以来、保安官の誕生日があり週末もお出かけ続き。さらに家にいる時間は、私は今後の予定を決めたり宿探しなどで寝る間も惜しんだ数日間でした。毎日ぼさっと遊びながら楽しく生きていると思われていると思いますが(その通りなのですがw)こんな生活もそれはそれで忙しく、なかなか大変なのです。 バスク地方滞在も残り数日を残すのみ。ビルバオやサン・セバスチャンのこともかきたいこといっぱいありますが、ひとまず置いといて、週末行ってきた近辺の街々について。私はどこに行くのかも知らずに、保安官の運転する車に乗ってただけなので、あとで色々調べてみて、え!そうだったのー◯◯すればよかったーというのもいくつも出てきましたが。いつもそんな感じなのでうん、まぁいいんです。暮らしだし、子連れだし。

Read More