IMG_9155

子連れラゴスについて、街の印象など

アルガルヴェ地方は年間の日照量が3000時間を超えるそうです。単純に365日で割ってみると1日あたり8時間以上になるので、それだけお天気の日が多いってことですよね。そんなわけでかなり期待して行ったのですが、最初の数日間は風が強くて、お日様は照っているのに肌寒いくらいでした。しかし翌週になると風もやみ、暑くなりビーチ日和で9月上旬でも楽しめました。むしろトップシーズンを過ぎ、大混雑も落ち着いてちょうど良かった。

Read More

IMG_20150905_131044

ラゴスのスーパー、市場と外食の記録

ポルトガルは食材が豊富でしかも新鮮で美味しくて、自炊がめちゃ楽しかったです。スペインに戻ってきてみると、余計そう思います。今いるバスク地方は食の都と言われていますが、外で食べるご飯はさておき、普通のスーパーで手に入る食材をポルトガルと比べると、同じようなものでも値段は高いし、鮮度と質も落ちるような気がしてなりません。

Read More

IMG_20150907_140709

ラゴスのビーチについて

ポルトガルの南端、アルガルヴェ(Algarve)地方。あまり日本人には馴染みのある観光地ではありませんが、特にイギリス人やドイツ人に人気のある、ビーチやゴルフなどがメインアクティビティーのリゾート地です。アルブフェイラ(Albufeira)やポルティマオ(Portimão)など他にも拠点となる街がいくつもあるのですが、私たちはその中から西よりのラゴス(Lagos)という場所を選びました。そもそも最初はポルトガルはリスボンと北部(ポルトあたり)に行こうと思っていたのですが、最近友達が、行ってきた!と載せていたあまりに美しい写真をフェイスブックで見て、どこどこ?え、ポルトガル?ならば!と急遽変更。彼女のように、日本から直接よりも国際結婚や駐在でヨーロッパ在住のかたが行く機会の方が多いかもしれません。

Read More

IMG_20150907_132637

バカリャウアブラスを作ってみた

ポルトガルにいるうちに、バカリャウ(干し塩鱈)を使って何か作ってみたかった。ハードル低そうで、あとで家に帰っても再現できそうなポルトガルの定番家庭料理、バカリャウアブラス(Bacalhau à Brás)を作ってみることにしました。いわば、塩ダラと玉ねぎ、ジャガイモの卵とじ。

Read More

IMG_9143

ポルトガルの美味しいもの:ラゴスで自炊編

今、ポルトガルのアルガルヴェ地方、ラゴス(Lagos)というところにいます。地図はここ。 リゾート地なので街も小さく、リスボンのようにそこらへんに味わい深い食堂がたくさんあるというわけでもないので、家で自炊を中心に楽しんでいます。近くに大きなPingo Doce(スーパー)があるのでそこへ通って食材調達しています。

Read More

lagos-001

シェンゲン圏ノマド暮らしこれまでの雑感と今後の予定

現在ラゴス(Lagos)というところにいます。ポルトガルの南端、アルガルヴェ(Algarve)地方の西よりのリゾート地です。イギリス人とドイツ人ばかりという噂もあったのですが、ポルトガル人やその他も多く、普通に国際色豊かです。7〜8月はトップシーズンですごい混雑だそうですが、9月に入って若干落ち着いてるようでのんびりしています。海風も強いしけっこう涼しい。絶景ビーチが死ぬほどある場所なのにもかかわらず、ビーチにもいかず、スーパーにいって美味しそうなものを買ってきて家で食べて飲んだりとか相変わらずの地元密着なまけものぶりです。しかしリゾートにくるだけで急に休暇気分が味わえるのはお得。それに、都市生活はなんだかだで子連れハードルがあるので、田舎で車あり生活は楽ちんでもあります。

Read More