IMG_20150907_140709

ラゴスのビーチについて


ポルトガルの南端、アルガルヴェ(Algarve)地方。あまり日本人には馴染みのある観光地ではありませんが、特にイギリス人やドイツ人に人気のある、ビーチやゴルフなどがメインアクティビティーのリゾート地です。アルブフェイラ(Albufeira)やポルティマオ(Portimão)など他にも拠点となる街がいくつもあるのですが、私たちはその中から西よりのラゴス(Lagos)という場所を選びました。そもそも最初はポルトガルはリスボンと北部(ポルトあたり)に行こうと思っていたのですが、最近友達が、行ってきた!と載せていたあまりに美しい写真をフェイスブックで見て、どこどこ?え、ポルトガル?ならば!と急遽変更。彼女のように、日本から直接よりも国際結婚や駐在でヨーロッパ在住のかたが行く機会の方が多いかもしれません。

ラゴス周辺のビーチについて、独断と偏見によりランキングでまとめてみました。基本、ポルトガルの海はかなり冷たいです。ラゴスもしかり。スペイン寄りに寄れば寄るほど若干水温は上がっていくそうですが、それでも大した変化はないかと。ただ夏は気温は上がるので、冷たい水にもしばらく浸かっていると慣れてきます。

第4位:Praia do Porto de Mos

IMG_20150908_150645

両脇をオレンジの岩崖に挟まれて、景観も砂のビーチも両方味わえるプライア・ドゥ・ポルト・デ・モス。広めなので、場所もとりやすいし駐車場も広い。海も穏やか。でも私があんまり好きになれなかった理由は、砂が細かすぎてしかも湿っぽく、体中じゃりじゃりになってしまったこと!私が長年山人間として生きてきた最大の理由がこれです。海行ったら、砂だらけになるのは当たり前じゃん!って感じなのですが、砂でベトベトしなくて済むビーチもあるのですもん。

払ってもとれず、ネナたんのおやつのブリオッシュも、ザリザリいいながら砂と一緒に食べてた。笑 やめてぇ〜〜。

第3位:Praia Dona Ana

donaana

オレンジ色の岩崖が転々とあり景観の良いプライア・ドナ・アナ。ですが、人工に砂浜を大きくしたようで、昔と比べると自然の良さがなくなったという説もあり。階段を降りてビーチまで行きます。ビーチ沿いにレストランなどはありませんが、降りる前にビーチグッズを売る売店と、ホテルがあります。

donaana2

ここを初めて見たときは、期待値が高すぎたこともあり、えー松島の方が全然キレイだろ!と行ったこともないくせに思い、さらに、沖縄のビーチが世界で一番キレイなんじゃね!?と行ったこともないくせに確信しました。それから、海岸に沿って貝殻がまるで敷き詰められるように落ちているので、ちっこい子連れ観点から見るとちょっと危ないです。欠けた貝殻が多いので、裸足で歩いていると怪我をするかも。もう少し大きくて物心のついた子供ならわかるだろうし、逆に貝殻で遊べるので楽しいと思いますが。

第2位:Meia Praia

IMG_20150906_152833

4キロにも渡るという長〜いビーチが続くメイア・プライア。真夏のトップシーズンでも場所取りに苦労しなさそう。ビーチ沿いにレストランが転々とあるので、お腹が空いたらご飯を食べて、また戻る、ってのができる。ビーチまで行く間に線路が走ってて絵になります。

IMG_9241

私たちが最初にここを選んだ理由は、ビーチがサラサラの砂なので、ネナたんがめいっぱい砂遊びができるという点。本当にどこまでも続く美しくでっかい砂場!親も一緒に砂場遊びにはまってました(保安官)。ラゴス近辺のビーチは岩場も多いのでビーチはサラサラ砂(←ここポイント笑)とは限らないのです。ただ他のラゴスのビーチにあるようなピクチャレスクな場所ではなく、まあ「普通」なのでそういう意味ではつまらないかも。

IMG_20150906_173802

途中からネナたんは、近くにいたスペイン人の家族と一緒に遊び始めました。ちびっこが同じ年くらいだったので。しかしこの男の子、神経質のようで、砂場にでたがらない。ほら、ギャルと一緒に外へでて遊びなよーと家族が促すものの拒否。砂はまあいじってもあくまでも砂の上には座らない男子。全身砂だらけにして、遊び放題遊ぶ自由なネナたんと見比べて、子供にも性格があるなぁとつくづく思いました。

私たちはここのビーチに入る前にある売店で、パラソル10ユーロ、寝転がり用のゴザ2つ、各2.5ユーロを買いました。ビーチで貸し出しているのは借りると1日10ユーロとかするので。こんくらいの値段なら、いる間だけ使えます。ゴザはすぐ壊れてしまいましたが、パラソルは平気。使用後はきれいにして、次の人が使えるように泊まっていたアパートに置いてきました。ちなみにラゴスの街中でも値段は変わらなかった。街中で砂遊び用のおもちゃセットも買いました。5.5ユーロでした。これはそのあとも連れてきてる。

第1位:Camilo Beach

IMG_20150907_140709

文句無しに1位のカミロビーチ。もともとそんなに海好きでない私が、また行きたい!と唯一リピートしてしかも一日中のんびりしても全然飽きないほど気に入りました。アルガルヴェ地方で、いやポルトガル、さらには世界で一番美しいビーチと呼ばれたこともあるそうです。この地方らしい、オレンジの岩崖に囲まれた小さな小さなビーチ。9月初旬でもいい感じに混んでいたので、これトップシーズンだとどうなっちゃうんだろ。駐車場も狭いので、道沿いに停めている車も多いし。

IMG_20150907_140825

小さなビーチに降りていくには、200段ほどあるなが〜いながい階段を降りていかないといけません。子供を抱っこして登る帰り道は結構きついです。笑 しかし階段を行く途中に、青い空、青い海、茶色の岩崖に、ビーチで遊ぶ人々ですら絵の一部に見えてくるほどの美しい景色が広がり何度も足をとめてはため息をつく瞬間があるので、全く気になりません。

岩場を抜けると(人工的に作ってあるトンネルもあるけど、海側から岩を伝ってもいける)、隣にもいくつかビーチがあり、潮が引いている時は結構遠くまでいけて、プライベートビーチを堪能できるかもしれません。浅瀬を歩くのと泳ぎつつのコンビネーションで頑張れば、ドナアナビーチまで到達できちゃうかも。

IMG_20150909_142848

さらに嬉しいのが、砂のビーチなので子供が砂遊びをできる上に、粒子の粗い砂なので、ジャリジャリとくっつかず気にならない点。これはラゴスの他のビーチ、どこもだいたいそうなんだけど、穏やかな遠浅のビーチなので小さい子でもいっぱい水遊びができます。めっちゃ水は冷たいけど。

番外編:Praia da Batata

ここのビーチはうちらはいかなかったんだけど、友達曰く、カミロビーチみたいに岩を伝って他のところへ、なんて探検ができるそうです。それから、街から一番近いビーチなので、ちょっとビーチ、ちょっと街、ってやりたい人、車がない人には一番お手軽でいいと思う。

景色を見に:Ponta da Piedade

IMG_9174

IMG_9162

トリップアドバイザーのTop Things to Do in Lagosでも堂々一位のここは、崖の上を歩いて景色を目いっぱい楽しめるところ。ちなみに柵はなし。カミロビーチからちょっといった先。ここから見えるパノラミックな景色はものすごく美しいので、例え他のどのビーチにいかなかったとしても、一見の価値あり。

IMG_9223

ここも階段でずーっと下まで降りていけるようになってる。一番下まで行くと、ボートトリップの客引きがいるので乗ってみるのもいいかも。

IMG_9180

ボートとか、カヌーみたいのは他のところからも乗り場が色々あるんだけど、うちらはまだ、ちゃぽんとやりそうなおばかちゃんおちびちゃんがいるのでボート関係は乗りませんでした。

あとがき

子供も砂で遊んだり、海でちゃぷちゃぷしたり、好きなように遊べるので、親ものんびりできてやっぱり海はいい!ラゴスのビーチはどこも美しく、キレイなところばかりでとても楽しめました。日本人は他に見かけませんでしたが、ビーチ人口も国際色豊かであり、年齢層にも偏りが全くない。ちびっこ、若者、生後半年くらいのベイビーと一緒にのんびりする家族、お年を召したご夫婦など本当に様々な人たちがいておもしろかったです。トップレスの女性もたくさんいて、のんびり自然で自由な雰囲気。他のヨーロッパのビーチに時々ある、ドラッグ、アルコール&パーティな感じも全然なく、家族連れに本当過ごしやすいところでした。

4 thoughts on “ラゴスのビーチについて

  1. 以前に、前のブログの時に数回コメントしたのですが、何て名前でコメントしたのか忘れてしまいました笑   多分「もん」だったかな?

    このブログのファンで、新しくなったブログもとっても楽しく読ませていただきました!
    私は1年しか留学経験がないですが(大学生の時にドイツに)、その1年だけでもだいぶ思考が変わったというか、結局今はとってもオーソドックス?な日本人の生活を送ってる気がしますが、中身はなんだか外国かぶれ(笑)の部分が抜けなくて、日本も大好き+窮屈な部分がストレス、みたいな生活を送っています。
    なので、このブログを読むことでとっても良い気分になれます~
    なにより食べることが私も大好きなので!!
    本当に、是非一度実際にお会いして話してみたいものです!
    これからもブログ楽しみにしています!

    1. yukoさん

      お久しぶりです。コメントありがとうございます!
      もんちゃんという猫の飼い主さんですよね。過去記事から全部読んでいただいてた(!)のを覚えています。日本も大好き+窮屈な部分がストレス、なんとなくわかります。私も海外生活のあと日本が大好きになりましたが、時々帰っても、やっぱりどこか窮屈…な部分が抜けません。

      私のブログを読んで良い気分になれると言っていただけるなんて、yukoさんは前向きなものの見方ができて、ステキな人生&性格の方なんだと思います!もし多少でも日本に窮屈な部分があって、困った性格の人だと(笑)違う方向性の見方になっちゃうこともあるかもしれないですもんね。

      食べることが好きなんて本当に気が合いますね!私もいつかお会いしてみたいです。これからもよろしくお願いします。^ ^

  2. わー覚えててくれたんですね、感激です!そうです、もんちゃんとゆう猫の飼い主です!
    ちなみに、とんちゃんさんの前のブログ、また始めから読み返しています、2回目(笑)

    ここ数年日本を出ていないので、本当にうらやましいです~
    でもこの夏に、スペイン人の友達と日本で会って、死ぬほど楽しい時間を過ごし、来年はスペインに行こうと計画中です⭐

    またご飯の写真も楽しみにしています!
    インスタもチェックしまぁす(*≧∀≦*)

    1. わはは、2回目読んでもらってるんですか!ありがとうございます。笑 スペイン人のお友達が日本まで来てくれたんですね!たのしそう!来年のスペインはどちらに行かれるんですかー?スペインは私は今回まで、バルセロナとアンダルシア地方にしかいったことがなく、青い空、照りつける太陽、白い壁、みたいなイメージだったのですが、今回マドリードやバスク地方に来てみて、スペインと一口にいっても多種多様だなーというのをすごく感じてます。

      インスタもチェックしてくれてるんですねー!あっちでも旅の写真をちょいちょいアップします!^ ^

Comments are closed.