IMG_20151024_212036-001

超合理的?ある意味笑えるチェコ人のびっくり接客

ただいまチェコの首都プラハにおります。10月下旬現在、イタリアは暑いくらいだったので急に冬が来た気分。寒い。秋深いプラハは、木々が色づいて、とっても素敵です。この、秋冬の感じがまた本当によく似合う街で、でもまだ寒すぎないこの季節に来て良かったと思ってます。今まで行ったヨーロッパの街の中で、個人的には一番美しいとすら思う街で、本当に絵になります。

Read More

IMG_20150920_141829

サン・セバスチャンから巡る小さな街:ゲタリア編

保安ママが到着して以来、保安官の誕生日があり週末もお出かけ続き。さらに家にいる時間は、私は今後の予定を決めたり宿探しなどで寝る間も惜しんだ数日間でした。毎日ぼさっと遊びながら楽しく生きていると思われていると思いますが(その通りなのですがw)こんな生活もそれはそれで忙しく、なかなか大変なのです。 バスク地方滞在も残り数日を残すのみ。ビルバオやサン・セバスチャンのこともかきたいこといっぱいありますが、ひとまず置いといて、週末行ってきた近辺の街々について。私はどこに行くのかも知らずに、保安官の運転する車に乗ってただけなので、あとで色々調べてみて、え!そうだったのー◯◯すればよかったーというのもいくつも出てきましたが。いつもそんな感じなのでうん、まぁいいんです。暮らしだし、子連れだし。

Read More

IMG_20150905_131044

ラゴスのスーパー、市場と外食の記録

ポルトガルは食材が豊富でしかも新鮮で美味しくて、自炊がめちゃ楽しかったです。スペインに戻ってきてみると、余計そう思います。今いるバスク地方は食の都と言われていますが、外で食べるご飯はさておき、普通のスーパーで手に入る食材をポルトガルと比べると、同じようなものでも値段は高いし、鮮度と質も落ちるような気がしてなりません。

Read More

IMG_8565

ポルトガルのおいしいもの:リスボン食堂編

リンボウ先生ではありませんが、ポルトガルは(本当に)おいしいです。 特に、そこらへんの食堂の、シンプルで素朴な食事がたまりません!日本人ゴコロをくすぐります。店の外には、上から下まで全部いっこずつ試していきたい手書きの「日替わり今日のメニュー」が貼ってあります。達筆ゆえ解読にちょいと時間を要しますが、値段はとても安いです。ものにもよるけど、一皿6.5ユーロとか。量も、ちょうど良いめか少ないくらいのランチにぴったりサイズ。ハーフポーションとフルポーションと出している店もあり、ハーフがちょうどいいよ、とおすすめしてくれるところもありました。広場前とかにある、観光客向けのどうでも良いカフェ/レストランで適当に頼んでも美味しいのがすごいです(冒頭の肉を焼いたものの写真)。

Read More

ムゼオデルハモン

美味しかったところともう行かないところ:マドリード外食編

マドリードのおすすめレストランをネットで調べると、特に日本語だと判で押したように同じお店のラインナップばかりが出てきます。私の目的は、外食を楽しむ、というよりも、その土地の食事に出会い、知り食べること。あまり観光地化されていない、地元の人が行くような食堂やビストロ的なところへ行きたいので、英語やスペイン語でも調べてみたり、トリップアドバイザーのレストランランキングでめぼしいものを見つけたり、保安官や私の友だちが教えてくれたところに行ってみたりしました。あんまりちゃんとレストランしたところは、幼児連れのため最初から行けません。

Read More