20160302_111819

子連れ飛行機:2歳2ヶ月時、成田→香港

移動を繰り返して、今ではだいぶ慣れましたが、子連れの旅でまず気になる点の一つが、飛行機などでの移動時です。私も最初の頃は他の人はどうしているのか友達に聞いたり、ネットで調べたりしていました。が、実際やってみると、喉元過ぎればなんとやら、かもしれませんが、なんのことはないです。特にハイハイ前の、本当に小さい頃は楽でした。今回は、2歳2ヶ月時、成田から香港の短時間のフライト〜ホテル到着まで、今後の課題についても含めて書いてみます。

Read More

IMG_9368

遊具がいっぱい!子育てしやすそうなバスクの街:ビルバオ

今回色々回ってきた中で、一番子育てしやすそう!という雰囲気に満ち満ちていたのが、スペインのバスク地方。行政が何かしているとか、子を預ける施設が整っているとか、そういうところまでは全然調べてなくて、根拠はないのですが感覚としては少なくとも、子育てしやすそうでした。

Read More

IMG_9155

子連れラゴスについて、街の印象など

アルガルヴェ地方は年間の日照量が3000時間を超えるそうです。単純に365日で割ってみると1日あたり8時間以上になるので、それだけお天気の日が多いってことですよね。そんなわけでかなり期待して行ったのですが、最初の数日間は風が強くて、お日様は照っているのに肌寒いくらいでした。しかし翌週になると風もやみ、暑くなりビーチ日和で9月上旬でも楽しめました。むしろトップシーズンを過ぎ、大混雑も落ち着いてちょうど良かった。

Read More

lagos-001

シェンゲン圏ノマド暮らしこれまでの雑感と今後の予定

現在ラゴス(Lagos)というところにいます。ポルトガルの南端、アルガルヴェ(Algarve)地方の西よりのリゾート地です。イギリス人とドイツ人ばかりという噂もあったのですが、ポルトガル人やその他も多く、普通に国際色豊かです。7〜8月はトップシーズンですごい混雑だそうですが、9月に入って若干落ち着いてるようでのんびりしています。海風も強いしけっこう涼しい。絶景ビーチが死ぬほどある場所なのにもかかわらず、ビーチにもいかず、スーパーにいって美味しそうなものを買ってきて家で食べて飲んだりとか相変わらずの地元密着なまけものぶりです。しかしリゾートにくるだけで急に休暇気分が味わえるのはお得。それに、都市生活はなんだかだで子連れハードルがあるので、田舎で車あり生活は楽ちんでもあります。

Read More

IMG_8835

小さい子連れでリスボン

リスボンの旧市街は坂だらけ、そして石だたみなので、子連れにはキツイかなあと思っていました。ところが意外にも、起伏があるために逆にチビも歩くのが楽しいようで、親子共々なかなか楽しめました。ただものすごく寄り道が多くなるので、例によってガンガン観光するスタイルは無理。また、車通りが多い狭い道を目的地に向かって歩く時なんかは、しっかり手をつないでいても危なくて、泣き叫び嫌がるところを無理やりベビーカーに乗ってもらいました。私たちの他にも、背中に荷物のように子供を背負ったり、ベビーカー連れ、子連れの旅行者がたくさんいます。

Read More

plazamayor-002

小さい子連れでマドリード

現在地はポルトガルですが、マドリードのこともまだちょっと書こうと思います。 子連れの旅は何かとコツがいります。聞き分けのとても良いおチビさんなら別ですが、そんな1歳〜2歳児っていないですよね(と自分に言い聞かせてみる)。私たちも、子供にとっても親にとっても楽しめるように、以前とは違った滞在をしています。

Read More

IMG_8593

マドリードからリスボンへ

昨日(8月23日の日曜日)からリスボンに来ました。9月1日までいます。次はまだ未定。 マドリードからリスボンへは、寝台夜行列車という手があり、電車好きにはかなり魅力的だったのだが、子連れの体力消耗を考えると頭がクラクラするので結局一番簡単なフライトに落ち着く。イベリア航空で飛んだが、最近は大手の航空会社でもチェックイン荷物代がかかるようで、1つにつき30ユーロもとられた。近距離フライトなので、荷物がない場合に安くなるようにということらしい。前もって予約すると半額で済むので次からは覚えておこう。未確認だけど、格安チケットサイトで取っても、あとでイベリアのサイトに行ってフライトナンバーを入れればそこで荷物代が払えるとかじゃないだろうか。

Read More