IMG_20160207_145019

ワンワンといっしょ!のコンサートに行ってきた話


うちの2歳児が大好きなワンワン。Eテレの「いないいないばぁ!」という番組の、育児中の人ならもれなく知っているわんちゃん(中身は懐かしい「たんけんぼくのまち」のチョーさん)なんですが、今回日本滞在中に、コンサートないかなーと思っていたところちょうどありまして。これまたあるある話で、子供が喜んでいる姿を見て楽しんでいるうちに親も結構ハマるんです。というわけで親子3人で行ってまいりました。

考えてもみたら、各地でその土地らしい子ども向けのイベントに色々足を運んできました。アルゼンチンではカンティクエンティコスとか、ピノキオや地元の劇団を見に行ったりとかね。ブログには(まだ?)書いてないけど、プラハでは人形劇に行ったし、ロンドンでは子ども向けの歌って踊るおじさんお兄さんの愉快なショーを体験したりとか。「ワンワンといっしょ!夢のキャラクター大集合」のショーは他に比べて規模は格段に大きいものの、ここならではのイベントです。日本らしいことをしたんだなあ、って考えるとなんか面白くなってきました。

子ども向けのイベントなんで、1日3回公演。中の人は大変ですよね。言う通りにするわけない子を電車で遠くまで連れていく親もわりと大変なんですが、きちんと計画して行ったおかげでかなりストレスフリーで楽しめました。うちは2日目の最終公演、16時開場、17時開演だったので、当日はお昼寝をしなくていいように、できるだけゆっくり朝寝かせておきました。

滞在中の実家は、会場の代々木体育館からは電車で小一時間かかるので、そこがネック。でも、日曜日の都内の電車、地下鉄は空いてるので助かります。通勤ラッシュのある平日だと、小さいの連れて日本の首都圏の電車、ちょっと乗る気にならないです。

かさばるだけで、預けたりと余計な労力が増えるベビーカーは持って行かないことにしました。どのみち最近は、抱っこばかりで乗ってくれないし。代わりにバックパックを相方に背負ってもらったのですが、これが大成功。物販で買ったものやら細々したものは全部リュックに入れて、手が空くのでちょこまかする子を2人がかりで面倒見ることができて楽で良かったです。私は常に抱っこで手がふさがるしで。

こういう大規模なコンサートは、大混雑するのはわかっていたので、早めに家を出ました。あえて2回目の公演中に到着し、物販がガラガラのうちにキャラグッズの買い物を済ませました。前もってウェブサイトで何が売っているか見ておいて目ぼしいものもチェックしておき、あっという間に買い物終了。

IMG_20160207_144742

会場の外には、ワンワンのぬいぐるみと記念撮影できるコーナーもあるんですが、それも列全くなしで写真も終了。担当のお姉さんたちも暇そうで、何回も写真撮ってもらえました。あとで開場後に見たところ、やはり大行列だったので早めに行ってよかった。

物販も写真もあっという間に終わってしまったので、会場の隣にあるNHKのスタジオパークへ行って遊びました。子供番組のコーナもあるし、ちょうど良い暇つぶしになった。

タッチスクリーンでクイズなんだけど、一番好きなワンワンをいつも押してしまうため、質問4問中1問しか正解できなかった可愛い人。
タッチスクリーンでクイズなんだけど、一番好きなワンワンをいつも押してしまうため、全4問中1問しか正解できなかった可愛いひと。

そんなこんなで1日も滞りなく終わり。。。っと今から本番でした!

チケット発売から結構経ってから買ったので、1階席の後ろの方でしたが、ステージが会場の真ん中、そこから道が延びていてキャラクターがいろんなところに出没するタイプだったので遠くて楽しめないということはありませんでした。娘は初めての大きなコンサートに最初は緊張していたみたいだけど、とても楽しんでいたよう。なんせ、コンサートのあった夜は寝言で「ワンワン!」と言っていたくらいなので、かなり興奮したんだろうなあ。

ただし2016年のこのシリーズのコンサート(Eテレの人気キャラが大集合する)は、運動会がテーマだったので、うちの相方さんなんかは「一体僕ら今何を見せられてるの!?」とか言ってて。確かに、こういう運動会みたいなテーマってよくあるけど日本的かもしれない!お客さんを巻き込んでインタラクティブなショーに、っていう目論見なんだろうねえ、やりたいことはわかるんだけどねえ、って我々は大人目線で感想を分かち合いましたが、娘にはもっと歌を見せてあげたかったので、ちょっとつまんなかった。縄跳びとかリレーの合間に時々歌うだけで全部で8曲しかやんない。ワンワンといっしょ!シリーズのコンサートは今年で3回目みたいですが、去年までは2回とも、ストーリー性のあるミュージカルっぽい内容だったみたいで、歌も23曲くらい歌ってたようなので、なんかハズレ引いた感じ。それから、赤組と白組に会場内を勝手に振り分けられちゃった。好きな方を応援できるのかと思ってたら。我々はワンワンを中心に見たかったのに、白組地域の席で、ワンワンは赤組だったので、全然こっちに来ない!遠い!あーごめん娘!って感じで、若干不完全燃焼でした。多分そういう人たくさんいたと思うので、評判よくないんじゃないかなあと思うんだけど。来年からもうなくなったりして。笑 どちらにしても、2歳の子には、往年のアイドル運動会みたいなノリはだいぶわかりづらいよね〜。ターゲットオーディエンス一体誰だったんだろ。

ちなみに、わんわん関連のコンサートは、いくつか種類があるみたいで、あつまれ!わんわんワンダーランドが一番楽しそうだけれど、なんとチケットは抽選なんだそうで、手に入れるのが大変みたい。おかあさんといっしょ、のコンサートも倍率高いらしい。いつか機会があったら行ってみたいですが、機会を待つうちに小さい人が大きくなってしまうような気もしなくもない。

まぁそんなわけで、微妙なコンサートでありながらも楽しい1日を過ごして帰ってきました。物販で買ったおもちゃとかはすごく気に入って、毎日遊んでいるから良かった。母は一つ収穫が。運動会は、オフロスキーが司会だったのですが、オフロスキー司会うまい!オモシロイ!「みいつけた!」の番組のシュールさは私ももれなく好きで、オフロスキーも大好きですが、その才能を改めて再確認しました。

NHKDVD みいつけた! よんだ?オフロスキー
日本コロムビア (2012-08-01)
売り上げランキング: 28,299

番組の一部にちょろっと出てくるのを集めたDVDまで出てる、オフロスキーの中身をされてるのが、小林顕作さんていう俳優の方。この人おもしろいしセンスが最高に良くてツボです。色々調べたり、インタビュー読んだりで夜がふけたりしている今日この頃。長くなったのでそれについてはまた別に書きたいような気がします。こうやって子供番組からの流れで色々はまっている私もわれながら、あるあるママ〜って感じで客観的に考えると笑えるんですが。典型的なそんなおかあさんになっている自分。数年前から考えると相当ありえませんが、中身は変わったようで全く変わっていないような気もします。