クレヨンの話

子供連れの旅は荷物が増えますが、移動のことも考えて今回は割とコンパクトにしてます。荷物もスーツケース2つに収まるように持ってきました。中は結構隙間があるので、現地調達もしつつな感じでやっていく予定です。
お気に入りの中から持ち運びしやすいのをセレクトして、おもちゃも連れてきました。くまモンのぬいぐるみ、ぬいぐるみとしても使える布で出来た動物のボウリング3本、ピアノがついた本と、絵本4つ、やわらかいプラスチックで出来た積み木、重ねて遊べるカップなど…
そしてクレヨン。
前に買っておいた洗えるクレヨンがあったので、持ってきてみた。紙はどこでも調達できるし。そろそろお絵描きにはまってくれるだろう!となんかのタイミングごとに出してるんですが、うちの子はどうも、あんまり興味がないみたいで。一応線を引いてみたりはするんだけど、すぐに違う遊び方になってしまう。今回もやっぱりでした。全く違った利用法で遊び始めた。
IMG_8342
ベッドの角に隙間がちょうどあって、そこの穴にクレヨンを落としてる!!いっぽんいっぽん落としたら
IMG_8344
うんしょと拾って。
IMG_8347
また落とす。
なんじゃそらあー!!と思ったが、今もう何もかもが「ダメ!」「ノー!」ばかりでかわいそうなので(親の方も疲れる)、しばらく見守ることにしました。まぁそんな遊び方もありかと最初は余裕もあり、心を広く。でも落とし続けてるうちに、せっかく新しくて24色もあったクレヨンの頭がどんどん割れていく。
みかねて、使い方を教えてあげることにしました。手に持たせ、私がその上から持って、描くのを手伝ってあげる。どうも筆圧がまだ弱く、相当やわらかいクレヨンでないとちゃんと描けないみたいで。一緒に書いてあげると、うまく丸が塗れて楽しいみたい。でも、また一緒にやって!と要求するのであんまり意味がなかった。そのうち飽きちゃって、テーブルの上から落としては集める遊び方に移行…割れた先っぽを集めてタッパーにしまってみたり。しまいには先っぽを食べてみる。。。いやいやいや。それダメだろ。
もういいわ。お絵描きはまだ先で。子供によって興味関心って全然違う。それぞれなんだなぁと思います。描きやすいペンを持って書くように誘導しても、ペン先を手でつまんで身体中に色をつけちゃうし。ボールペンを渡せば、点を書いているうちにガンガン打ち付けてすぐに壊すし。別に典型的な子供の遊びを押し付けなくても、彼女の好きなことを見つけてあげて、やらせていけばいいのかなと思ったり、遊び方を上手に教えてあげたほうがいいのかなと思ったり。
やっぱサクラクレパスが欲しいなあ。これだったら柔らかくて描きやすいし発色もキレイだし描いてくれるかも。今度日本帰ったら調達しよう。(懲りない人)

サクラクレパス クレパス太巻 16色 LP16R
サクラクレパス
売り上げランキング: 60



一番無心になって遊ぶのは、相変わらず砂場。最近は、お馬さんみたいな遊具もよく乗るけど。
IMG_20150819_181528
というわけなので、マドリッドでも広場に行っては砂場で遊んでいる今日この頃です。2つ公園に行きましたが、どっちもザラザラした荒いじゃりっぽい砂が置いてありました。広くとってある広場があちこちにあるし、手入れも行き届いており、遊具があるところも多いので遊ばせやすい。一人でも遊びますが、他の子が遊んでいるところへ仲良くしようと頑張って入っていくこともある。そんな後ろ姿を見ていて、無視されたりすると親心としてちょっと切ない。ローカルのスペイン人ばかりでなくて、観光客やエクスパットの子供も多いです。余所者だと、逆に気楽に入っていけるので親としてもやりやすい。旅にはそういう利点もあります。