マドリードの市場、マーケット

サンミゲル市場(Mercado de San Miguel)

市場巡りはどこに行っても楽しいものです。私は特に料理が好きなので、マーケットが大好き。今回もサンミゲル市場からものの数分のところにあるアパートを選びました。サンミゲル市場は、マヨール広場からすぐの、マドリードのマーケットといえば!まず最初に出てくるマーケット。
サンミゲル市場入り口
外観は、なかなかかっこいい!
サンミゲル市場
中はいつもたくさんの人々で賑わっています。市場というよりも、大きなバル。数あるスタンドで好きなものを選んで買い、真ん中や外のスペースで食べられるようになっています。生鮮食品は、八百屋があるくらいで、あとは全部出来合いのものか、シーフードなどを選んで料理してもらうもの。古くからある市場のようですが、2009年に改装してこうなったそうです。
地元のスペイン人もいるものの、完全に観光地化されていて、値段もむやみに高いし、私的には非常につまらなかったです。マドリード滞在が駆け足の人で、滞在地は中心地、観光客でも入りやすいところでちょっと何かつまみに行きたい、という感じで行くならちょうどいいかも。
サンミゲルで買ったもので家でタパス
それでもまぁ、とあるお店のお姉さんにお勧めを聞いてみつくろって家に持ち帰り、パンをトーストしたものにのせてみました。メモっておけばよかったが何か忘れた!右はなんか魚の酢漬け、予想を裏切るかなり甘い味でまずい?かと思いきやなかなかはまる。左は、干し鱈を戻したもののマリネ。オリーブオイルとケッパーとコショウをかけてみました。これすごく美味しかった!
サンミゲル市場ウェブサイト

サンアントン市場(Mercado San Antón)

サンアントン市場
ここは歩いていたら偶然見つけたので、道標の矢印に従ってたどり着いてみたマーケット。1階は普通のスーパーになっていて、2階が野菜、肉、ハムやチーズ、パンなどの生鮮食品、3階がバル、4階がレストランになっていました。
2階で購入した生鮮食品を4階のレストランで、4ユーロを追加して料理してもらうこともできるそうです。それはちょっと楽しいかも!昼間に行ったので、2階はガラガラだったけど、レストランはすごく賑わっていました。
サンアントン市場トマト
スペインはイタリアに次ぐトマト天国だそうで、トマトだけでこんなコーナーがあった!
しかしながら、ここも本当に偽物っぽいです。見た感じ地元の人が利用していたけれど、それにしてもなんにしても作り物。私は好きになれませんでした。どうも、こういうスタイルの市場が最近流行りなようです。
サンアントン市場ウェブサイト

ラパス市場(Mercado de la Paz)

最初に出会った2つのマーケットが悪かった。さすが首都、マドリードの市場はどこも観光地化されてるんだなーと勝手に決めつけてしまいました。でもよく考えたら、ここはスペイン。スペインの市場といったら楽しいに決まっています。食べることがこんなに大好きな国民、地元の人たちが行く普通の市場がないわけがあるまい!というわけで。
ラパス市場
気づくのが少し遅かったので、滑り込みセーフ(死語)になってしまいましたが、ネットで調べて発掘したのがここ。マドリードの高級住宅地、サラマンカ地区にあるラパス市場。気のせいか、周辺で見かけた人たちはポッシュな雰囲気をかもし出していて、高級車が停まっていたり、散歩中の赤ちゃんも無駄にドレスなんか着てたりしました。
ラパス市場野菜
1879年に建てられマドリードで一番歴史のあるというこのマーケットは地元臭がバッチリしました。たださすが、ポッシュエリアだけあってか、若干他のところよりも値段が高いようなきもしなくも。しかし魚屋さんもわりと新鮮だし、地元の人たちが実際買い物をしていて楽しかったです。高級住宅地の中にあって入りづらいということは全くなく、むしろ気軽に入れる感じでした。
ただし!ここはスペイン。
夏休みのサイン
そう、8月なのでバケーションシーズンなんですね。スペイン人は(も?)がっつり休みますから。町中で「8月はお休みです」のサインを見ます。
ラパス市場休み
ラパス市場のスタンドもご多分にもれず、閉まりまくっておりました。いえ、むしろこういうところが、地元の人が行く本当の市場って感じがして嬉しく、好印象でした。サンミゲル広場なんて、観光シーズンの今が稼ぎどき。閉まっているところなんてひとつもありませんから。
ラパス市場ウェブサイト

バルセロ市場(Mercado Barceló)

バルセロ市場
ラパス市場から次の目的地まで、歩いている途中で偶然見つけたのがここ。ここも古い市場ですが、2014年9月に改装したばかりだそうです。リフォームには5年もかかったとか。笑 さすがスペイン。そんなあなたが好き。
改装したばかりだけあって、中のお店は整然と並んでいてキレイな作りでしたが、こういうのを探してたの!という私好みの市場でした。スーパーではないところで地元の人と触れ合いながら生鮮食品を買いたい、観光地ばかりでなくその土地の暮らしを垣間見たい、自炊したい私みたいな旅人には、マドリードの中心地から近いマーケットではここを一番お勧めしたいです。最初から知ってたら通ったのに。3階建ての建物の中に、魚介類、肉、ハム、野菜、などなどそりゃもうたくさんのお店がつまっていました。
バルセロ市場魚
魚屋さんもたくさんあって、鮮度もなかなかのものでした。お客さんは観光客がちらほら、あとはだいたい地元の人。ここは公営。やっぱあんまり商業化されすぎない、公営のほうが私は個人的に好み。
バルセロ市場
こちらも例によって夏季休業が多かったですが、いいんです。じゃんじゃん休んでくださいな。
バルセロ市場ウェブサイト

サンイルデフォンソ市場(Mercado de San Ildefonso)

ここも市場というよりは、たくさんのスタンドが集まったバルです。潰れてしまった古いマーケットの空き地を利用して昨年の夏にオープンし、なかなかおしゃれでヒップな場所として賑わっています。昔ながらの市場は、安いスーパーなどに押され、廃れて潰れていく。こうして今風のスタンドを並べてバー・レストランのスタイルにするのが、マーケットとして生き残るすべなのですね。少し寂しい気がします。
サンイルデフォンソ市場
3階建で、18のストールと各階に3つのバーがあります。室内だけでなくテラスもあります。近辺はショッピング街になっているので、休憩にちょうどいい感じ。ロンドンやニューヨークのストリートマーケットをテーマに作られたところで、はっきり言って子連れには向いていません。狭くてベビーカーも通りづらいし、テーブルも椅子も高いストール。それでも私たちの他にも、赤ちゃん連れが結構いました。さっと頼んでパッと食べて帰れるから、その点は子連れにもいいかも。
サンイルデフォンソフード
色々ありすぎて、チビ連れには落ち着いて選ぶ時間もなく、適当にアスパラガスとトリュフのリゾット、鶏胸肉のクリームとマスタードを頼んでみましたが、なかなか美味しかった!2つで14ユーロ。これタパスサイズなんですが、2皿頼んだだけで2人と1匹の腹を満たしてしまいました。他にハーフポーションとフルポーションとあるのですが、フルだとどんだけでかいんだろ…
サンイルデフォンソ市場ウェブサイト

あとがき

さすがスペイン、首都マドリードにもたくさんマーケットがあります。サンミゲル市場があまりにも観光地化されていたので、ボケた私はそれに気づくのが遅くなってしまい、まだまだ行きたい市場が山積みの状態でマドリード滞在を終えることになってしまいました。他にも、ヨーロッパで一番大きい公営市場というMercado de Maravillas、移民街で味があって面白いラバピエスというエリアにあるMercado de Antón Martínなど他にも行きたい市場をいくつも発見してしまった!だいたい、次の課題を残して去っていくのが旅ってもんですよね。

8 thoughts to “マドリードの市場、マーケット”

  1. マドリッドのメルカド情報を検索しておりましたら運よく「とんちゃんのブログ」に出会えました。
    こういう情報が知りたかったのです!
    昨日長いコメントを「連絡さき」から送りましたが、何度やっても不成功でした。
    これはテストメールです。 受信されましたらお忙しい中連絡頂けるとうれしいです。

    1. Mimiさん、コメントありがとうございます!お役に立てたようで嬉しいです。すみません!連絡先のメールフォームが壊れているのを知ってたんですが、長らく直さずに放置してまして。。。それが実は、ちょうど昨夜直したところ、Mimiさんからこのコメントを頂いて、びっくりしているところです。せっかく長いコメントを送ってくださたのにすみません。連絡先は前述の通り、ちょうど直ったところですので、お手数ですが気が向いたらまた送信してみてくださいね。

      1. とんちゃん、
        壊れてたんですね(笑)
        直してくれた時期がズレなくてよかったです。
        諦めていましたからラッキー。
        お聞きしたい事があります。 週末メールしますのでよろしくお願いいたします。
        (今年の5月19日から2週間の予定でマドリッドへ行きます)

      2. とんちゃん、
        2週間前の日曜日に「連絡先」からメールしたのですが、返信を頂いていないので届いていないかもしれませんので、再度質問を簡単にさせて貰います。
        昨年夏のマドリード旅のぶろぐに、イベリコ豚の秘密17ユーロ/kgがとても旨そう~でした。
        あれはどこで買い求められたのですか?
        エル・コンテ・イングレスなどのデパートの地下食料品売り場などは利用されましたか?
        よろしくお願いいたします。

        1. Mimi Iwaoさん
          2月28日に返信したのですが、届いてませんか?もしかしたらスパムフォルダなどに入っているのかもしれないので、確認してみてくださいね!念のため、先ほど同じ内容のものを、もう一度返送しておきました。

  2. やはり返信して頂いたのですね!
    迷惑メールなどなにからなにまで調べたのですが28日と本日のメール見つかりませんでした。
    つい最近もウイルスバスターではじかれたのかどうか届かなかったメールが1件ありました。
    せっかくお時間使ってメールを書いて頂いたのに大変申し訳ありませんでした。
    ブログを読むだけで、とんちゃんのような生き方をしている人もいるんだと嬉しくなりました。
    また、メルカドの情報も大変参考になりました。
    ありがとうございました。

    1. Mimi Iwaoさん
      ひょっとして記入されたメールアドレスが間違ってることはないですかね?
      メールのご質問の答え、こちらにしますね。
      1. エル・コルテ・イングレス、よく使いました!ソル広場近くのデパートから歩いて行けるところにアパートがあったのでそこのによく行きましたよ。他のスーパーよりは高いですが、食材も豊富、新鮮で使えました。
      2. 特にこれが美味しい!というお米は思い出せないのですが、バレンシアのお米が美味しいと聞いたので、バレンシア産のものを買っていました。どこへ行ってもその国内産のものを選んで買っていましたよ!
      3. 秘密のイベリコ豚は、前述のソル広場近くのエルコルテイングレスで普通にパックになっていたものを買いました!きっとお肉やさんにも売っていると思いますよ。
      春〜初夏のマドリード、楽しんできてくださいね!
      メール、温かいコメントありがとうございます。

      1. とんちゃん、
        ん、まぁ~ 再度のメールに感謝、感謝 ! 
        近くに食料を調達できる所があるって、部屋選びのポイントですよね。
        着いたらさっそく食材調達ですから、早速るエルコルテイングレスに買出しに行くと思います。
        バルセロ市場やアントンマルティン市場へ通うのも楽しみです。
        大変お手数をお掛けしました。 ありがとうございました。
        ps メールアドは合っています。

コメントは受け付けていません。