ポルトガルのおいしいもの:リスボン食堂編

リンボウ先生ではありませんが、ポルトガルは(本当に)おいしいです。
特に、そこらへんの食堂の、シンプルで素朴な食事がたまりません!日本人ゴコロをくすぐります。店の外には、上から下まで全部いっこずつ試していきたい手書きの「日替わり今日のメニュー」が貼ってあります。達筆ゆえ解読にちょいと時間を要しますが、値段はとても安いです。ものにもよるけど、一皿6.5ユーロとか。量も、ちょうど良いめか少ないくらいのランチにぴったりサイズ。ハーフポーションとフルポーションと出している店もあり、ハーフがちょうどいいよ、とおすすめしてくれるところもありました。広場前とかにある、観光客向けのどうでも良いカフェ/レストランで適当に頼んでも美味しいのがすごいです(冒頭の肉を焼いたものの写真)。
私たちはBasílica da Estrelaからすぐ近くのアパートに滞在していたのですが、Calçada da Estrelaという通り沿いに食堂が固まってあり、ここ以外にも周りにレストランがたくさんあって毎日どこで食べようか嬉しい悩みで困る場所でした。
メニューは、peixe(魚)とcarne(肉)の2つに分かれており、どこも最初にpeixeが来るのが好印象。ポルトガル人も本当にお魚が大好きなんですね。お魚メニューに載っているのは、

小魚あげたの
カリカリにあがった小魚のフライとごはん

たこのからあげ
タコの唐揚げ定食

太刀魚
太刀魚の一夜干し(干してはないと思うがwそういう味)

タコ飯
タコの炊き込み御飯

甲イカ
コウイカの焼いたの(墨付きか墨なしかを選べる)

余談ですが、このイカを食べたとき、中に石みたいのが入ってて、噛みどころが悪かったようで、下歯の裏側がほーーんの少し欠けました。ザラザラ舌に当たって気持ち悪いくらいで支障はないのですが、しっかし。歯って欠けるんだ!?っていうのがびっくり。コウイカさん、君のことは忘れまい。
そして
イワシの塩焼き
ポルトガルの夏の風物詩、イワシの塩焼き

普段あまりイワシ好きではないので、頼もうか迷ったのですが、やっぱり夏のポルトガルに来たからには食べないとなあと思って割と後ろ向きに注文しました。と、これが脂がどっさりのってジューシーでおいしすぎて一人で全部完食!イワシってこんなに美味しかったっけ?日本のイワシと種類が違うのかしら。塩焼きってじゃがいもの茹でたのにあうんだあ、っていう発見も。
他にも、タイやスズキ系のお魚を焼いたもの、干し鱈を戻して色々な料理にしたもの、などなどなどなど。。。試しきれてません。当然、肉料理までたどり着きません。私がお魚系を頼んでいる横で、保安官はだいたいお肉を注文していますが、ただ焼いただけ、とかが多いです。あ、魚も結構そうか。
それにしても、どれも日本人が普通に食べそうな料理でしょ。お醤油かけたい!白いご飯が欲しい!とは全く思わないのですが、おはしが欲しい!もっと上手に食べられるのに、と思います。
これらは、特にどこそこの、ではなくてただそこらへんにある名もなき食堂。色々試してみると、あっちは味が濃すぎた、量が少なかった、など個人の好みはあると思いますが、シンプルで典型的な料理なので、どこも似ています。とある家族経営の小さな食堂には、ちっちゃな女の子2人がいました。パパがウェイター、ママが料理。女の子は2歳と4歳、さらにその下に5ヶ月の男の子もゆりかごに。
ネナたんは、姉妹と仲良くなり一緒に遊んでもらいました。
お店に来ている人も毎日同じ顔ぶれ。本当に街の食堂、って感じがして、いい旅夢気分。あったかくてとても心地の良い場所でした。ちょっとだけ道を奥に入ったところにあって、グーグルマップにすら載っていなかった。このお店は、スープ、パン、メイン、飲み物、食後にコーヒーがついて今日のメニューがまさかの7.5ユーロでした。
ポルトガル人の食事はスープから始まるそうです。これもなんだか日本人と似ていて親しみがわきます。「おちびちゃんのために一つペースト状にしようか?」といってくださり、一つはミキサーにかけてもらいました。ミキサーにかけたバージョンも美味しかった。って自分も食べたんかい!いやネナたんの残りを。。。
干し鱈出汁のスープ
名前忘れたけどたぶん干し鱈の出汁の野菜スープ

カルドベルデ
カルドベルデ(caldo verde)という千切りケールのスープ

IMG_8901
料理人ママが、ペースト状にしたスープをおチビちゃんに飲ませていました。おちびちゃんに食べさせるのに手こずるのは万国共通ですね。それにしても、2歳違いずつの3人の肝っ玉母さん、子の面倒みながら毎日食堂に立って働いて、本当に頭が下がります。ポルトガルは基本、チップは義務ではないとのことなのですが、ご飯も美味しく安かった上、サービスもアットホームで良かったし、ビールも1杯サービスしてくれ、さらには、ネナたんも子供たちと遊んでもらってゆっくりご飯が食べられてこの上ないランチ。嬉しくてチップを弾んだところ、2回目に行ったときは、さらに手厚くサービスをしてくれ、これ食べなさいよ、とデザートのチョコレートムースをご馳走してくれたりしました。そういう気持ちが嬉しくて、また帰ってきたいところになる。今度行く時は娘ちゃんたちも大きくなっているだろうな。
ところで、ポルトガルのレストランでは、最初に出てくるパンや前菜的なものはすべて有料なんです。メニューのどこかに、どれがいくらなのかきちんと明記してあります。
pan
例えば、こういったバターやペーストなんかにもそれぞれ値段がついています。パン0.4ユーロ、ツナペースト0.5ユーロとかそんな感じで、食べたら食べただけちゃんと最後に料金をとられます。その代わり手をつけなければ請求されない。この辺りがラインの曖昧なテーブルチャージやチップを要求されるより、わかりやすく明確で良いと思います。
今、「ようこそポルトガル食堂へ」という本を読んでいます。読めば読むほど、もっとポルトガルにとどまりたくなり、田舎の方へ訪ねてみたくなって、全部食べてみたくてわくわくします。夜中に読んでいるとお腹がへってきます。ポルトガルの料理に興味のある方、食のエッセイが好きな方にオススメです。Kindle版もあるので海外在住者には本当にありがたい。

ようこそポルトガル食堂へ
幻冬舎 (2014-07-11)
売り上げランキング: 23,022