南サルデーニャに到着


ローマ乗り換えでサルデーニャに到着し早くも5日がすぎました。ローマ、たかが空港に数時間寄っただけなのに、適当・まぁまぁ・ざっくり・待てないetcイタリアをひしひしと感じ。さすがアルゼンチンの親玉だけあります。そして保安官みたいな顔の人がたくさん。うちの相方さんは75%イタリア人の血でできておりまして。おかげさまで、なんの疑問も抱かれずあちこちで普通にイタリア語で話しかけられております。わ、わかりません!イタリア語とスペイン語、思ったより通じ合えないぃ!
IMG_20150923_160216
ローマ空港では、前のめりにさっそくブラタ(burrata)チーズのサラダをいただいたミーハーな我々一行。ネナたんは床で遊んでいましたが、大人3人は3人ともこれを一皿食べました。たかが空港グルメなのにレベル高かった。
ローマからの飛行機は悪天候の中を飛び、ときどき上下に激しく揺れました。揺れる飛行機と船が大の苦手の私。サルデーニャの首都、カリアリ(Cagliari)に着陸する滑走路は海と陸すれすれの境目にありました。散々揺れた上、水がどんどん迫ってくる。まるで海の上に落ちていくように見えて、サルデーニャなんて来るんじゃなかった、神様ごめんなさい、もう死ぬとか思ってたらついた。
IMG_20150925_132226
カリアリは人口50万人という割と大きな都市なんですが、周囲を大自然に囲まれています。市街を出るとすぐに塩田が広がっていて、そこに本来なら渡り鳥であるはずのフラミンゴがたくさん定住しています。私たちはカリアリから車で30分くらい東に行った郊外に家を借りました。お庭からは海が見えて、とても静かで美しい。宿主もとても親切で、犬も猫もいてのんびりな毎日。ただ蚊が大発生していて、いちばん美味しいネナたんが集中攻撃されてしまいました。これ以上の被害を避けるべく蚊よけオイルを作ってみましたが、一応きいてる模様。
自家製オーガニック「蚊よけオイル」の作り方。少量なのに、効果バツグン!
サルデーニャには15日間滞在します。9月末の天候は思っていたよりずっと暑くて、まだまだ全然海日和。夜は涼しくなりますがそれはヨーロッパどこも一緒です。車を借りているので、島中をぐるっと回ろうかなと思っていたのですが、サルデーニャ島は結構でっかい!しかも海だけでなく山もあり、自然がいっぱいなので、車で簡単にポイントからポイントへ行ける感じではなくて、山道がずっと続いてるんです。空港が3つ(南のカリアリ、北西のサッサリと北東のオルビア)あるのもなるほど納得。南なら南、北なら北と、みて回りたい場所を特定して滞在するのが良さそう。というわけで今回の私たちは南サルデーニャを徹底的に遊ぶ予定でいます。
IMG_20150927_154153-001
サルデーニャといえば、超VIPなリゾート地というイメージがありますが、アホみたいに値段が高すぎて豪勢な億万長者用のリゾート地になっているのは、北の一部のコスタスメラルダの周辺だけです。私はそういうのが苦手なので、ちょっとビビっていましたが、カリアリ周辺には時折パタゴニア地方すら思い起こさせる自然がたくさんあります。想像していたよりもずっと開発されていない、素のままの自然が。普通の地元の人々の暮らしもあります。色々迷ったけど、カリアリ近くに宿をとって本当に良かった。観光もしつつ、ビーチも楽しみつつ、これまたブエノスアイレスと姉妹都市なカリアリの普通の人の暮らしも垣間見れたらいいな。と、さっそくビーチだけでなくスーパーや市場めぐりもしている今日この頃。美しい自然のみならず、美味しいものがたーーくさんあるサルデーニャ。いつものように「食」と「子供」が中心の毎日になりそうです。