カリアリの市場で仕入れたもので料理

前回の続き。
夜になり家に帰ってきてサンベネデット市場で仕入れた材料を使って料理をしました。まずはズッキーニの花のフリット。イタリアの(夏の?)料理ってことで作ってみたかったんです。知らなかったけど、日本でも夏に売ってるところもあるみたいですね。めしべに小さな実がついたのもあるのね。
IMG_9841
市場の八百屋のおじさんとおばさんがいっしょになって教えてくれた作り方は、花弁を破らないように気をつけながら花の中のおしべをとり、洗ってゴミや汚れを取りペーパーなどで水をよく拭き取る。花の中に、モッツアレラチーズとアンチョビ、トマトなんかを詰め、口をきゅっと絞り卵と水、小麦粉で作った衣をつけてあげるというもの。
作り方を日本語でググってみると、なんと210,000の結果!これに限らず、イタリア(料理)って本当人気なんだなーと今回すごい実感しました。家で作ってみようと検索するとほんと日本語でも山ほど出てくる。イギリスにいたころも何故だか一度も行こうと思わなかったし、今までイタリアは完全スルーだったので気づきませんでした。
検索結果では、ビールや炭酸水を使ったものが多かったのですが、あえておじさんが教えてくれた卵で行ってみました。でもカリカリサクサクするのがポイントみたいなので、小麦粉と水に、白身だけ少し泡立てて黄身とあとでほんわり混ぜたみたのを使ってみた。分量は適当。とりあえずは、モッツアレラチーズとアンチョビを小さく切ったのを詰めてみました。
IMG_9843
塩をパラパラとかけて。写真で見た感じだとなんか小さいんだけど結構大きめ。サクサクっとしてこれは美味しい〜!味はお花っぽくは全然なくて、ズッキーニの味。でもズッキーニとはやっぱり違う。旬を食べている味。好きだなあ。これをやってみた結果、なるほど中には何を詰めても良いんだなーということがわかり(おじさんもそんなこと言ってた)、次は違うバージョン。
IMG_9855
今度は、トマト、モッツアレラチーズ、黒オリーブ、チョリソーを詰めてみた。これもなかなか美味しかったけど、やっぱりモッツアレラとアンチョビの方がいいかな〜。
家で作るのは手間がかかるけど、お店で食べると一皿4つくらいしか乗ってなくて結構な値段します。たくさん食べたいので、家で作るのはその点いい。お店でも何度か頼んでみたけど、ビールであげてるっぽいザクザクしたものと、卵であげてるっぽいふんわりサクサクなやつとありました。
これはビールか炭酸水っぽい、お店で食べたザクザクバージョン。さすがプロ〜。並べると自分で作ったのがどんだけへぼいか。。。でも4つで8ユーロもしたよ。。。
20151011_205145
お店で頼んでみた結果、茎の部分も柔らかく食べれるということがわかり、ここまで短くしなければよかったなーと思いましたが。でもおじさんが、こうやってポキっとしてねーって見せてくれたからね。ちなみにズッキーニのお花は、ローマの都心のしけたスーパーにですら、パックにされてどこにでも売っています。カリアリももちろん。お花は他にも、ピザの上に乗せたりして食べる。ピザも食べてみたけど、んーあんまり強い味がする野菜ではないので、天ぷらの方が美味しいかも。他にも詰め物をしてグラタンみたいにしたり、パスタにしたり色々するみたい。
お次は、カタツムリ。
(苦手な人はここで終了してくださいませ)





市場でアミに入って売ってたカタツムリ、家について見てみたら、みんな目覚めてた。。。市場で見た時は食材にしか見えなかったのですが、動いていると、子供の頃遊んだでんでんむしむしかたつむりだ、やっぱり。それでも気を取り直して、水で洗うと
IMG_9856
ああ。
ますます元気いっぱいになってしまいました。どうしよう。。。なんでも、かたつむりって、冬眠する直前(てか冬眠するんだ?)が一番脂が乗って(?)美味しいという話もどこかで読んだような気がしますが、売っている時もなんていうかこう、膜が張って静かな状態で売ってたんですね。なのに今や。
でもまぁ料理するしかあるまい。これまたお店のおばちゃんが教えてくれた、ニンニクとパセリと油でジャッジャッと5分くらい炒めて食べる、というシンプルな料理法をそのままやってみました。でも5分はちょっと不安だったもので、ジャッジャッとやりながらも、蓋をしてもう少し長めに火を通したりしました。食べてる時に、グニャァーとかされても嫌なので。
IMG_9862
じゃん。
なんかねぱねぱーとしてしまいましたが。後で調べてみると、このネバーが嫌な場合は下茹でするとかいろいろ方法があるらしいです。どちらにしても時すでに遅し、気持ち悪い感じに出来上がりました。味の方は特に美味しくも不味くもないという。せっかく作ったし大量虐殺で命に申し訳ないので保安官と義母と3人で頑張って食べました。義母は今まで食べたかたつむりの中で一番美味しいと喜んで食べていましたが。今までどんなかたつむりを食べたのでしょうか?フレンチのエスカルゴはやっぱ美味しいなあ全然違うなあと私は思いながら食べてたのですが。
サルデーニャでもカタツムリはよく食べられ(だから市場に売ってるんですが)、この大きいタイプと、小さいタイプとあるそうです。で、大きいタイプはやっぱり陸の苦味があって匂いがするというのか、クセがある。それが好きな人もあるそうですが、小さいカタツムリの方が美味しいんだそうです。まぁ毎晩食べるようなものでもないと思うし、万人が好きなものでもないとは思いますが。ちなみにスーパーにも売っています。
これ実は2皿もできてしまって、全部食べきれず、翌日トマトと、も少し味を濃く煮込み直そうと思いましたが、結局料理し直さず、食べないまま残ってしまい、かわいそうなことをしました。さらに余談ですが、実は4匹だけペットとしてしばらく飼っていました。食用かたつむり、って出荷前に10日くらい絶食させるらしく、お腹空いてたんでしょう餌にレタスをあげたらものすごい勢いで完食。パリパリ食べてるのかわいいなぁと思いながらしばらく眺めてたんですが、忘れた頃にもう一回覗いてみたらなんと交尾してた。。。やること早いなあ。かたつむりってそういえば両性具有なんですよね。結局生ゴミと一緒に捨ててしまったけど、もしかしてどこかで今頃たくさん生まれてたりして。。。たら、どっかのサルデーニャ人がまた拾って食べるでしょう。
他にも栗は焼き栗に、早採りインゲン豆は後日義母がソーセージと一緒に煮込んだりして美味しく食べました。ドライチョリソーの方は、
IMG_20151003_205734
こんな感じでよくおつまみに食べてました。写真が乱雑で汚いですが。サルデーニャの薄いパリパリのパン、パーネカラサウとチョリソー各種、チーズ、などなどで立ちながらバーみたいにして食べてたな。美味しかった。本当サルデーニャには美味しいもの、珍味が沢山あった。今ローマにいるので余計そう思う。ローマは噂通りという感じで期待は全然していませんでしたが、外食も食材も美味しくないです。それはまた別でいつか。