超合理的?ある意味笑えるチェコ人のびっくり接客

ただいまチェコの首都プラハにおります。10月下旬現在、イタリアは暑いくらいだったので急に冬が来た気分。寒い。秋深いプラハは、木々が色づいて、とっても素敵です。この、秋冬の感じがまた本当によく似合う街で、でもまだ寒すぎないこの季節に来て良かったと思ってます。今まで行ったヨーロッパの街の中で、個人的には一番美しいとすら思う街で、本当に絵になります。
そんな美しい街なのですが、一つ、ん???と思うことがあります。それは人々の不思議な接客態度。西欧抜けたー!中欧来たー!感が満点。このままロシア方面に向かうにつれ、ゲージの目もりが上がっていきそうなロシア人度とでもいうのか。
ある日のランチのこと。レストランの外に「今日のメニュー」が貼ってあったんですが、入店してみると通常メニューしか渡されませんでした。そこで、オーダーを取りに来たウェイトレスに
「今日のメニューある?」
と聞いてみたところ
「あるわよ。あるけどチェコ語だけなの。今忙しいから、(英語では)教えてあげられないわ。5−10分かかるわね。」
心の声:オイオイオイオイなんでそんなにかかるんかいな 

「チキン、肉の煮たの、サラダ、とかそういう簡単な訳で全く構わないので、教えてくれない?」
「いや、今は無理。10分くらい待ってくれる?」
「は?もしかして今日のメニューが何かしらないの?」
「そう、知らないの。」
「ああそういうことね。そんなら、自分で外に出て、貼ってあったメニューを写真に撮ってきてネットで調べるなりして解読するわ。10分もかかるならそっちの方が早い。」
というと、そうしてちょうだい、と、お姉さんは、ビールのオーダーだけとっていなくなりました。
IMG_20151026_135224
そして外に出て撮ってきた今日のメニューの黒板。
HOTDOG以外、よ、読めない。。。。

そもそもアルファベットを解読するまでに5分は要しそうw と写真とにらめっこしていると、2人目のウェイターがやってきた。
「注文は決まった?」
「ビールは頼んだところなんだけど、今日のメニューを訳してもらうのを待ってるとこ」
「今日のメニューはないよ。」

「いやいやいやいや、さっきのお姉さんがあるいうてたし!!!10分かかるっていうから待ってるんだよ、そんで今外の今日のメニュー写真撮ってきたし!!!」
「今日のメニューは、マッシュルームのスープと、チキンのシュニッチェル、ホットドッグ、ただの2本のソーセージね、あとなんちゃらとなんちゃら(なんちゃらが何かは忘れた)。」
って間髪入れず大体適当に訳してくれた。あるじゃんw
「じゃ、シュニッチェルを2つで。」
それと、スープはどうだ、おいしいぞ、というセールストークでマッシュルームのスープも頼んで、やっとオーダーが終了。
お兄さんがいなくなった後、つーか、今日のメニューはないとか、普通に嘘つきやん!!面白すぎない?しかも聞いたらすぐ教えてくれるし何?もう超、東欧に来た感満点なんだけど!いやいや東欧じゃないし!って保安官と話が盛り上がる。しかもお姉さん、メニュー教えてくれないし、10分かかるとかいうし。”普通”の外の感覚だと「少々お待ちくださいませ」もしくはメニュー知ってるよね、チェコ人てああいう国民性なんだろうねええ面白いねええなんて言ってると、ビールが到着。
保安官は大きいビール、私は小さいのを頼んだはずが、二つとも小さいのが来た。
「あ、僕のは大きいのを頼んだんだけど。」
と一応ウェイターに言ってみると、一瞬止まった後、
「とりあえずもう注いじゃったし、これを先に飲んで、飲み終わったら次また大きいの頼んでくれる?」

ハハアーいやはや恐れ入ります、その通りでございます。うんうん、「申し訳ございません、いますぐお取りかえしますー」とかってねえ、そっちがおかしいよね!わはは!って思わず納得してしまいました。畳み掛けるように3連続で面白いチェコ人たち、ネタ提供ありがとう。
でもね、みんな態度が悪いとかじゃないんです。これが彼らにとって普通なの。そういう性格、国民性なんだと思う。すごく合理的。余計な笑顔とかそういうのはなし。でも、必要なところではちゃんと笑う。他のお店でも、何か聞いてもすんごい仏頂面で答えられたり、冗談に冗談が返ってこなかったりとかはもう日常茶飯事で。感じわるいわーって感じなんだけど、嫌味だったり、悪気があってしているわけでは全くない。あくまでもこれが普通。人それぞれで、愛想割と良い人、キャラのある人もちゃんといますが、うちらの感覚だと失礼に思えちゃう人が多い。お客様がどうの、って感覚はほとんど彼らにはないんだろうと思います。対等の立場、というよりむしろこっちがサービスをいただいてるくらいな?ただただ、違う文化、国民性として興味深く理解し、受け入れて郷に従っているところです。 
どちらにしても私は、”典型的な”チェコ人とはちょっとお友達になれないだろうなあ。。。全然性格合わなそう。えっ!怒ってるの?とかいちいち気にしちゃいそうだし、ちょっとしたくだらないことで笑ってくれずスルーされそうだし、なんかとにかく無理ぽそうって思いながら日々過ごしてます。
IMG_20151026_135558
そしてめでたくゲットしたマッシュルームスープ。シンプルで美味しい!
IMG_20151026_140703
チキンシュニッチェル。柔らかい!
プラハではどこのレストランでもだいたいランチには「今日のメニュー」があるのですが、チェコ語でしかなく、よそ者には聞かないと出してくれない、または教えてくれません。聞いてもこんな状態のことさえあります。しかし、いざ今日のメニューが分かった場合、何しろ安い。通常メニューの半額くらいで食べれちゃう。この日も、これにビール飲んで、パン頼んで、2人とチビで、全部で15USDドル相当くらいだった。
IMG_20151026_135011
水よりビールがやすいという噂も本当で、こんな観光地にある、他より高めのレストランでも、水の方がちゃんと高い。コーラなんてもっと。これはビール飲んじゃうよねえ。食事は、肉の煮込みにソースがどっちゃり、蒸しパンが横について炭水化物もたっぷりなので、毎日食べてると、重たいなあという感じです。まずくはないけど特に美味しくもない。期待が大きすぎたかな。でもまだまだあと10日くらいあるので、めげずに美味しいものを探してこうと思います。

2 thoughts to “超合理的?ある意味笑えるチェコ人のびっくり接客”

  1. とんちゃんさんが東欧にいるのが、なんだかしんせんです笑
    私もプラハに一度だけ行ったことがありますが、やっぱり同じ欧州でも、東に行くと全然違いますよね!ハンガリーとかも、なんか国の貧しさとゆうか、壊れかけでも直せない建物が普通にあったり、カルチャーショックを受けた記憶があります!
    チェコの食べ物とか全然覚えてないけど、とにかくイケメンが全くいなかったのだけは覚えてます(笑)何様って感じですけど(笑)
    他のヨーロッパの国に比べて、男性のレベルがとっても低かったのが印象的でした(^_^;)))
    色んな国の食レポ、本当に楽しいです(*´∀`)
    またよろしくお願いします(^^)

    1. 確かに、急に西から東に来るとやっぱり違いますね!今回私はハンガリーもちょっと見たかったのですが、身近なブタペスト経験者(保安官)のひどい、悲しい、という説により却下となりました。。。笑。でも、中欧の中でブタペストが一番好き!という友人もいるのでわからないものですね。私のハンガリーのイメージは、笑わないハンガリー人です。やっぱり悲しいイメージか。私は東側は今までドイツ(入れていいのか?w)とポーランドしか行ったことがないです。なので、東欧にいるのが新鮮な感じも当たりかもしれません!笑
      YUKOさん的にはチェコイケメンいませんか!?私の中では今の所、イケメン、イケガールのレベルが高いです。全員がというわけでなくて、上位1割程度のトップにいる人たちのレベルが高いって意味で。男性も女性も美しい人はモデル並みの美しさで、あとは普通もしくはそれ以下だなと。笑 あれ?もしかして目に入るイケメン&ガールはチェコ人じゃなかったりとかだったり。。。
      忘れてしまったチェコ料理レポしばしお待ち下さい!楽しんでもらえて何よりです。^ ^

コメントは受け付けていません。