プラハで自炊:豚肉のビール煮

書き残しておきたいネタはいっぱいあるんですが、バスクあたりからもうすでに全然追いついてません。プラハの後里帰り的なイギリスへ約1ヶ月、その後日本へまた一旦戻るので、冬の日本でゆっくり思い出しつつ色々書こうかな、なんて思ってますが。
今いるプラハ、すごくいいところです。街は絵画のように美しいし、長期的にも住みやすそうだし、やることいっぱいあるし、クラシックなものからポップなものまで文化的にもすごく豊か。さらに物価も安いときた。ノマド暮らしの人たちにはもってこいの街です。少なくとも数ヶ月くらいじっくり住んでみたい。長く滞在したいなーと思ったのは、今回はリスボンとプラハです。2つの違いは、リスボンは住める!と思ったけど、プラハは住みたい!
で、肝心の食ですが、今までポルトガル、スペイン、イタリアと来てたので、大雑把に言えばまあまあ似ている国同士。ざっくり考えるとアルゼンチンからもそうは遠くないので、プラハに来て最初の数日何を作ろうか若干戸惑いました。言葉がいきなり全くわからないからかも。イタリアには約1ヶ月いたから、すっかりイタリアモードになってたせいかも。国ごとにやっぱりちょっとだけ手に入るものが違うし、まあまあ暑いところから急に寒いところへ来たのもきっとあるね。でも、プラハは旧市街の中心にいても、テスコなどの割と大きめのスーパーがいくつもあるので自炊暮らしがしやすい。観光地で都心だと、スーパーらしいスーパーがないところも多いのでこれは嬉しい誤算でした。
チェコ人は豚肉をたくさん食べるみたい。それから、言わずもがなビール。国別一人当たりのビール消費量は21年連続で世界一位なんだとか!それもそのはず、おいしい上に安い。ある日1.5キロくらいの豚ロースの塊を買ってきて、テスコで安売りしていた500ml1本50円程度のビールも山ほど買ってきてふと気づいた。
そっか、豚のビール煮作っちゃお〜!
IMG_0709
このビール(使用後)はセールで1本10チェココルナくらいで、有名なバドワイザー、バドバーは500ml1本8コルナでした。レートをググると、8コルナ=40円!よ、よんじゅうえん。。。
ケチケチせずにビール、ドボドボ入れ放題できるね。
豚のカタマリを4等分にし(塊のままだと火が通りにくそうだったし、お鍋に平らにならないから)、イタリアで買ってきた粒の荒い塩と胡椒を擦り付けて30分くらい、の間に、ローレル数枚、冷蔵庫にあった野菜(玉ねぎ、にんじん、パプリカ、ズッキーニ)を薄切りにして、よく炒めて、さっきのお肉の表面を焼き付けて、その上に炒めた野菜で蓋をするようにしたら。
IMG_0710
ビールをドボドボドボーーーと全体にかぶるくらい気前よく入れて、あとは時々アクをとりつつ蓋をしたりしなかったりしつつコトコト煮込むだけ、って超簡単。ビール500mlのを1本半でちょうど良かった。入れなくても良かったけど、コンソメ的なものを一つ入れてみた。
盛り付け時に肉を食べやすくカットし、付け合わせは、ジャガイモとバターナッツカボチャのマッシュ。
IMG_0713
盛り付けが適当です。まあいつものことか。プラハでは、うちの両親と合流してるので、今家族5人です。それもあってテキパキ盛り付けたり、大皿料理にしたりとかしてます。前からか。
ビールで煮込むと豚肉もほろほろ柔らかくなって食べやすいのか、後味がほんのり苦いビールの味がおいしいのか(笑)ネナたんも、豚肉をモリモリ食べていました。いやーおいしかった。いる間にもう一度作りたい。
面白いのはやっぱりその土地ごとに、空気に影響されるのか、手に入るものによるのか、外食で食べるご飯に影響されるのか、家で作るものもその土地風になる。イタリアにいた時はスープなんかちっとも作らなかったんだけど、プラハに来てからは結構作ったりとか。
野菜はカリフラワーなど冬野菜がすでに甘くておいしい。にんじん、セロリアックなど根菜も。プラハでは、ファーマーズマーケットも盛んなので、食生活なかなか楽しいです。あるもので色々工夫して作っています。
セロリアック、赤・緑パプリカの千切りの炒め物(無添加出汁の素と塩、水で味付け、水分がなくなるまで炒める)。トスカーナから運んできた栗で焼き栗(オーブン)。両面にナイフで切り目を入れて、ぱっくり開くまで小さい栗で20分くらい。イタリア滞在中は秋の味覚焼き栗をよく食べた。
鶏肉の丸焼き、マッシュルームとジャガイモと玉ねぎのクリームスープ、にんじんとセロリアックと玉ねぎのスープ、白菜と卵の炒め物、白菜とヒラタケと豚肉の炒め物、卵とトマトの炒め物、豚肉と玉ねぎのソテー、人参サラダ、カリフラワーの茹でたの、バターナッツカボチャのロースト、イタリアで買ったリゾット用のお米がまだ残ってたので、マッシュルームのリゾット、ズッキーニのリゾットなどなど。。。覚え書き。
最近、焼いただけ、とか茹でただけ、とかできるだけシンプルに野菜を食べるように心がけたりもしてる。ランチは外で食べることが多く、チェコ料理は割と味が濃く重いのと、美味しいもの食べ過ぎてデブなので健康に気をつける意味も込めて。あんまり懲りすぎず、時間もあんまりかからなく、楽しく作れておいしい料理をその土地土地で楽しく食べられるように。外でも引き続きおいしいもの発掘頑張っていますが、それはまた別に書こう。いつか。笑