プラハからイギリスへ

昨日プラハを発ってロンドンへ。ロンドンからまっすぐバッキンガムシャーにある友人の家へ来てお世話になっています。ヒースローから車で1時間ほどでした。
プラハは、じわじわくる街でとても住みやすそうだった。最後の10日間くらいはお天気にも恵まれ去り難かったです。イギリスについてからはバッチリ曇っています。時間の感覚がわからなくなるほどに。そもそも11月のUKにお天気なんて全く期待していないのですが。
この国には、私の青春時代を全て捧げたといってもよく、10年近くも住んだし、その前にも何度も来ていて大変にお世話になったので、なんだか過去に戻ってきたような複雑な気持ちです。ただすっかり成長しきって昔に置いてきた部分なので、言わば当時は未練たらたらだった昔の彼氏をスッパリ振り切ってから傍観しているような感じ。ブサイクだったなあ、なんで好きだったのか全く理解できないけどいいところもまあたくさんあったよねみたいな。え。まさかの上から目線。そういや昔流行ってたよね、今はちょっとクールじゃないけどみたいな。は。完全に何様モード。意味わかりませんね。
ここへは、旧友たちに会うのだけが目的で来たので、ほぼ毎日友達に会い続けて約1ヶ月が終わる予定。それから私を良くも悪くも育ててくれた土地や人々に、家族を連れて今はおかげさまで幸せにやっていますと、ありがとうを言いに来た感じかな。
このあとロンドンへ行ってグラスゴーへ行って、12月上旬に日本へ行きます。その後はまだ未定ですが、日本国内とか近場のアジアをうろうろするかも。
ひとまずイギリスでは懐かしい人にいっぱい会って、懐かしいものをいっぱい食べて、新しい目線で昔の自分には見えて来なかったものを見てこようと思っています。