ロンドンで友だちと再会

何年ぶりだろう。ひょっとして10年ぶりくらいかなあ。忘れちゃったけど。かなり久しぶりにロンドンに来てます。正直、子連れでロンドンに来るの、かなり気が引けてました。子連れフレンドリーなイメージが全くわかなくて。
でもロンドンに来てすぐに思い出した。そういえばこの大都市に来る時はいつも、あーロンドンかー。メンドクセーみたいな(笑)後ろ向きな気分で来るんだけど、いざ着いてみると、ものの数時間で慣れて、馴染んで、ホッとする。ずっと前からここにいたような気がしてくる。星の数ほどあるちっちゃい村々が大集合したような趣のあるロンドンには、誰でもこの街の一員として溶け込ませてくれる独特な懐の深さみたいのがある。なんかね、その空気が懐かしいというのか、心地よくて、久しぶりにその感覚をしみじみと味わっているところです。
今回ロンドンに来た理由はただ一つ!
グラスゴー在住時に青春を分かち合った(!?)ギリシャ人の親友に会うためです。スコットランド人の共通の友人が「君たちきっと気があうよ」的な感じで引き合わせてくれた1歳年下の彼女。話してみると、本当になんというか鏡みたい。いやー実は18歳の頃○○しててね、え!嘘!私もー!!みたいなことがどんどん出てくる出てくる。好きな音楽や洋服、考え方やものの感じ方なんかいろんなことが似ていて、日本とギリシャで同じようなことをして生きてきてここで会うなんて私たちまるでソウルメイトだね!なんて話した若かりし頃が懐かしく思い出されます。
彼女はグラスゴーでマスターを学んだ後、ギリシャに帰りました。しばらくしてグラスゴーに私がまだいた頃、一度訪ねに泊まりに来てくれたのが最後でそのあとは時々メールを送りあったり。最後に会ってからは8年ぶりくらいの感動の再会。彼女はのちにロンドンに住んでいる男性と結婚してイギリスに戻って、今は3歳の息子と3人暮らし。旦那さんとは今回初対面だったのですが、なんとうちの保安官ととても似た感じのギークなIT系エンジニアでした!一緒になる相手までにたような人に落ち着いて大笑いというかなんか嬉しいというか。出会ったタイミング、引っ越したタイミングなども似通っていて、ああやっぱり相変わらずだねえとしっくりきました。あ、今言おうと思ってた!とか、その考え方全く一緒すぎる、とか何だろう、とにかく安心できる人。いろんなこと忘れてたけど、話したら5分くらいでもうあっという間にそういう感覚を思い出した。旦那さんも初めて会った気のしない人。仕事に子育てにと忙しいのに、土日を丸々使って一緒に時間を過ごしてくれて、たくさんあったかいエネルギーをもらいました。私もどんどん周りの人に、優しくて強いエネルギーを渡していけるといいな。
今もこれからも遠くにいるだろうし、たくさん時間を過ごすことはできなくても、たとえこの先も10年ごとに1度しか会えなくても、きっと会うたびに密な時間を過ごせるだろうなあと思える友だちていうのは本当に特別です。人との関わり方ってそれぞれで、友だちは誰も皆一人一人大切で、友だちによって引き出してもらえる私の部分も違うし、私が引き出せる相手の部分ももちろん違ってそのコンビネーションが面白い。私にとっては、家族の次、もしくは同じくらい友人がいちばん大切にしたいもの。大切な友人たちに会い続けるUKでの再会の日々はまだしばらく続きます。
今、そのギリシャ人の友人の住むStoke Newingtonというエリアのすぐ近くにいるのですが、このエリア、ヨーロッパでも指折りのちっさい人の人口の多い地域らしく、超スーパーベイビーフレンドリーなんです。驚きです。近年開発され、ヒップな若い家族が住むエリアへと成長してきたみたい。例えば、今日の午後、とあるおしゃれな雑貨屋さんを見ていたときのこと。店のディスプレイに触ろうとしたネナたんを止めたところ、お店のお姉さんが
「どうしたの?何がしたいのかなー?お名前なーに?」
みたいにフレンドリーに話しかけてきてくれて
「たぶんそこにある子供用自転車(おしゃれなイタリア製の木製の四輪車が商品として置いてあった)に触りたいみたい、ごめんなさい〜」
と言ったら、
「いいのよいいのよ、乗っていいのよ〜!でも私のだから、持って帰っちゃいやよっ。」
と冗談交えてネナたんに声をかけてくれてびっくり。隣にあったブロックのたくさん入ったカゴも触ってごめんなさい、ごめんなさい、としていると、それも全然触っていいのよ遊んでいいのよ!と。おかげでネナたんは店の中で四輪車を乗り回し、ブロックを触って遊び。親切な店員さんに感謝、本当に驚きました。
友達曰く、この街では子供に親切にするのが全くもって普通で、むしろそうでなければビジネスを失うほど子供に優しい場所なんだそうです。カフェやレストランの人たちも皆本当心からフレンドリー。いやロンドンにこんな場所があったなんてびっくりです。子供向けのイベントも毎日毎日山ほどあります。友だちが住んでいなければ、こんなロンドンの顔を見ることもなかったなあ。
そんなこんなでまとまりないですが、ブログも気軽にもうちょっと更新しようかなと。思うだけで実際やるのかどうかはわかりませんが。笑 ただの独り言っぽくても、写真なくても、雑でもいいから、その時思ったことを残しておきたいなと最近思う。